2009年 05月 13日

世界最古の歌

世界最古の歌として知られているものは1950年代のはじめ現在のシリアのウガリットから出土した約3400年前の粘土板にフルリ語で書かれていたものである 。
粘土板が欠けているため、確実なことはわからない。そのため書かれた文字の解釈は分かれているが、その歌は全音階であったという意見は支持されている。
ある解釈ではこの歌は2つのメロディーから成り立っているとし、別の解釈によれば(モノフォニックの)メロディーパートとリズムのパートから成り立っているという。
また前1800年頃の粘土板からも楽譜と見られるものが発見されており、再現を試みたものが次のウェブサイトで聴くことができる
http://128.97.6.202/urkeshpublic/music.htm#interpretation
[PR]

by dorian4410 | 2009-05-13 23:48 | recommend


<< 猫息子@071215静岡汚電横丁      TOWA TEI- Ch. G... >>